X

詳細については、WeChatパブリックアカウントに従ってください。

このウィンドウを閉じるには、画面の他の場所をクリックしてください


東莞市中実創半導体照明有限会社blob.png

blob.png

東莞市中実創半導体照明有限会社は広東光大グループと北京大学が連合的に設立した中鎵半導体グループが、百パーセント出資した支社である。グループ会社半導体技術の蓄積とLED照明応用の経験を基礎にして、中実創会社はLED新型包装とLED省エネエゴ照明製品の研究開発、製造と販売に専念し、そして、もっと経済効益と社会効益のLED照明応用解決方案を提供する。

中実創会社の本部は東莞松山湖国家級ハイテク技術産業開発区にあり、その研究開発チームは広東省が初導入した革新科学研究チームと北京大学半導体ワイドギャップ研究センターの専門家学者がリードして、中国半導体照明技術標準作業チームのメンバーで、広東省ハイテク技術企業であり、中国LED産業連盟主席単位である。中実創会社は北京大学と東莞松山湖でそれぞれの研究開発センターと測定センターが建設され、東莞松山湖、企石鎮、中山市で室内灯具と街灯生産基地があり、社員200数名、工程技術者40人を持っている。

中実創半導体照明製品は数項目の国家権威的な機構の認証を通過され(安全性と信頼性の検測と品質認証を含め)、広東省LED模範体系推薦製品目次、広東省グリーン照明模範都市調達目次に入れられている。製品の応用工程は華南、北方市場に行き渡ていて、甘粛敦煌莫高窟文物照明工程、首都空港T3ターミナル地下駐車場、華彬荘園会所(北京)、華南洛陽霊山観光区、東莞市建安グループ有限会社、景湖時代城商業街、東莞市彩怡百貨有限会社、恵州市光大セメント工場等も含まれている。

website

Copyright © 2018 東莞市中鎵半導体科学技術有限会社 All Rights Reserved. ICP備案號:粵ICP備12004059號-1

技術サポート:東莞のウェブサイトの建設点をつける