X

詳細については、WeChatパブリックアカウントに従ってください。

このウィンドウを閉じるには、画面の他の場所をクリックしてください

張国義

1950年12月に生まれ、物理学博士張国義今は北京大学物理学院教授・博士の指導先生・北京大学半導体ワイドギャップ研究センター主任・北京大学東莞光電研究員常務副院長を担当している。

張国義教授は「第九次五ヵ年」国家863計画情報光電子テーマ専門家チームの専門家、「第十次五ヵ年」国家半導体照明専門家チームのメンバーを担当したことがあり、長い期間に半導体物理とコンポーネント物理、半導体光電子学、MOCVD成長技術の研究を従事している。1993年から今までは国家科学技術部863計画先進集団賞と先進個人賞を獲得した。国家発明特許が20数個を申請し、2000年香港国際発明展覧会銀賞、2005年全国発明展覧会銀賞を受賞した。「最初の完成人」として、国家技術発明四等賞、国家教育委員会科学技術進歩二等賞を獲得したことがある。


前:なし

次:陳健民

Copyright © 2018 東莞市中鎵半導体科学技術有限会社 All Rights Reserved. ICP備案號:粵ICP備12004059號-1

Powered by MetInfo 5.3.19 ©2008-2020  www.metinfo.cn