X

詳細については、WeChatパブリックアカウントに従ってください。

このウィンドウを閉じるには、画面の他の場所をクリックしてください

  • 中鎵科学技術グループ名誉代表取締役

    甘子釗

    甘子釗、中国科学院院士、広東省第一陣で導入した革新科学研究チームーー「北京大学半導体エネルギーギャップセンター」のリーダーで、今は東莞市中鎵半導体科学技術有限会社の名誉代表取締役を担当している。
    2010年5月、甘子釗を始め半導体エネルギーギャップセンターのメンバーは全職で東莞市中鎵半導体科学技術有限会社に導入され、「窒化ガリウム基板材料とコンポーネントの研究」というプロジェクトを実施した。甘子釗院士に指導するものとで、中鎵会社は前後国内初めてのGaN基板材料生産ラインとPSS図形化サファイア基板材料の生産ラインを建設した、重大な経済効益と社会効益を取得し、広東省LED産業チェーンを完備した。中国第三代半導体産業の発展を推進した。

  • 光大グループ総裁

    陳健民

    陳健民、光大グループ総裁、東莞市中鎵半導体科学技術有限会社の創始者、初代目代表取締役。広東省青年企業家協会副会長、東莞市政治協会委員、東莞市工商連総商会副会長、東莞市青年企業家協会副会長、世界莞商連合会第一回理事会副会長等。
    陳健民さんは東莞ハイテク技術産業発展の先頭者で、2006年留学帰国後、民族工業を振興する抱負を持って、2008年で東莞市中鎵半導体科学技術有限会社を成立し、そして広東省第一陣革新科学研究チームを導入した。中鎵会社は国内最初に窒化ガリウム基板材料及び半導体設備の生産基地になり、中国窒化ガリウム半導体基板材料業界の空白を埋めた。現在会社は数十項目の国内外の発明特許を持っていて、製品技術は国際先端的なレベルになっている。

  • 中鎵科学技術グループ代表取締役

    張国義

    張国義、物理学博士、今は東莞市中鎵半導体科学技術有限会社の代表取締役、北京大学物理学院教授、北京大学半導体エネルギーギャップセンターの主任を担当している。中国有色金属学会半導体エネルギーギャップ専門委員会常務副主任、国家半導体照明と産業連盟副主席、第三代半導体産業技術革新戦略連盟理事、専門家メンバー、中国物理学会発光分科学会理事、中国電子学会情報光電子分理事を担当している。
    2008年12から、張国義教授は東莞市中鎵半導体科学技術有限会社を創立した。張国義教授に率いて、中鎵会社は高速的な発展され、前後北京燕園中鎵半導体工程研究開発中心有限会社、東莞市中実創半導体照明有限会社と東莞市中図半導体科学技術有限会社を孵化した。企業が上下流技術へ延伸発展することを促進、段階的に産業チェーンの各部分を覆いた。現在中鎵会社は東莞市が窒化ガリウム単結晶基板、複合基板LED産業チェーンと電子電力部品等細分分野において特色がある産業技術を形成し、基板分野をめぐって特色があり、競争力が強くの産業クラスターを形成した。

Copyright © 2018 東莞市中鎵半導体科学技術有限会社 All Rights Reserved. ICP備案號:粵ICP備12004059號-1

技術サポート:東莞のウェブサイトの建設点をつける